サイト&ブログの作り方

AFFINGER6:「この記事を書いた人」の最新記事が無反応!?

2021年9月4日

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. サイト&ブログの作り方 >

AFFINGER6:「この記事を書いた人」の最新記事が無反応!?

2021年9月4日

株式会社オンスピードより発売されている、WordPressの有料テーマ『AFFINGER6』。
このテーマでは、各記事(各ページ)に「この記事を書いた人」、いわゆるライター情報を表示することができます。

『AFFINGER6』で表示できる「この記事を書いた人」のイメージ
『AFFINGER6』で表示できる「この記事を書いた人」のイメージ。
わたしはタブ名をいじっているので、「この記事を書いた人」ではなくて「あとりえ極星堂 運営者」と表示されています。

で、「この記事を書いた人(うちの場合は『あとりえ極星堂 運営者』の表示)」の横に「新しいページ」のタブがあります。
わたしはタブ名をいじっているので、「新しいページ」と表示されていますが、本来は「最新記事」です。

この「最新記事(新しいページ)」のタブを押すと、ライターのプロフィール欄が、そのライターの新着エントリー一覧(新着記事一覧)に切り替わる仕組みになっています。

『AFFINGER6』の「この記事を書いた人」は「最新記事」に切り替えることができる
『AFFINGER6』の「この記事を書いた人」は、タブを押すことによって、そのライターの「最新記事」に切り替えることができる。

切り替わるとこんな感じです↓↓↓

『AFFINGER6』の「この記事を書いた人」で切り替えた「最新記事」一覧
『AFFINGER6』の「この記事を書いた人」で、切り替えた「最新記事」一覧の見本。
うちではタブ名をいじっているので、「新しいページ」となっています。

それがある日突然、タブを押しても押しても無反応になってしまったんですよねえええええ。

無事に解決しましたので、その原因と解決方法を紹介します。

「最新記事」一覧のタブを無反応にしていた犯人はプラグインでした。

そもそも「最新記事」一覧のタブが表示されていないんですけど?

「この記事を書いた人」に「最新記事」タブを表示するには設定が必要です。

設定箇所は以下のとおりです。

【AFFINGER管理】>>【投稿・固定記事】>>【この記事を書いた人】で、
『「この記事を書いた人」の最新記事を表示する』にチェックを入れます。

これで「最新記事」一覧タブが表示されます。

干渉していた犯人はプラグイン『Autoptimize』

「最新記事」一覧のタブを無反応にしていた犯人は、プラグイン『Autoptimize』でした!

『Autoptimize』は、CSSやJS、Googleフォントなどを最適化してサイト速度を速めてくれるプラグインです。
すっごい便利なんですが、ここのJS最適化の設定が、どうやら「最新記事」一覧タブの動きを邪魔してしまっているようでした。

『Autoptimize』の設定を修正しよう

『Autoptimize』の【JavaScriptオプション】で、『JavaScriptコードの最適化』のみにチェックを入れます。

当サイトの場合は、これで解決しました。

うちの【JavaScriptオプション】の詳細な設定内容をいちおう載せておきますね。
めちゃくちゃ単純なので、載せても拍子抜けかもしれませんが……。
うちの場合は以下のとおりです。

  • JavaScriptコードの最適化:チェックを入れる。
  • JSファイルを連結する:チェックを入れない。ここにチェックを入れていたせいで、「最新記事」一覧タブは無反応になっていました。
  • 連結しないで遅延:チェックを入れない。
    ※SSL化されているサイト(httpsから始まるURLのサイト)ではファイルを分割読み込みしたほうが早いので、チェックを入れる必要はありません。
  • Autoptimizeからスクリプトを除外:デフォルトのまま。

『Autoptimize』の設定の参考にさせていただいたサイトさま

イラストレーター 鍋弓わた が表紙を描いた本

イラストレーター 鍋弓わた が描いた漫画(同人誌)

  • あとりえ極星堂 運営者
  • 新しいページ

鍋弓わた

こんにちは。近代史に強いイラストレーターの鍋弓わたです。
イラストや漫画を描くのが好きなので、一児の母になったいまも仕事に趣味にぼちぼち描いています。
サークル名『極星堂きょくせいどう』で同人活動もしています。
大阪生まれの奈良在住。

よりよい作品づくり、より楽しく生きるために自己肯定感を高める方法を模索中。
趣味は2003年からおこなっているウェブ制作。
気がつけば今年で18年目。

⇒もっと自己紹介

pixiv 小説家になろう

⇒お問い合わせ

-サイト&ブログの作り方
-,