1. HOME
  2. たわいのない創作メモ
  3. 9年前の絵をリメイクする(6)~創作小説『星の命』

9年前の絵をリメイクする(6)~創作小説『星の命』

2021年4月27日(火)
9年前の絵をリメイクしています。
9年前の絵をリメイクする(6)~創作小説『星の命』

2012年制作の元絵はこちら

9年前の絵をリメイクする(6)~創作小説『星の命』
9年前の絵をリメイクする(6)~創作小説『星の命』

創作小説『星の命』は『小説家になろう』にて掲載中です

あらすじ

魔力を持つがゆえに人里離れて暮らす大樹族の姫・アンジュは、父大公に新年の挨拶をするために訪れた宮殿の外れで、ある『惨劇』を目撃する。
おのれの価値観が覆されるほどの衝撃を受けたアンジュは、殺されるはずだった青年・シンを助けるため、外の世界に旅立つことを選んだ……。
日陰の公女アンジュ、母を捜す人間の青年シン、覆面の白銀将軍ヒルガード、若き皇帝ハワード、聖国を守る美貌の女教皇エリザベス、そして大樹族の秘密を握る魔術師アイザック。
彼らの運命が交わるとき、新たな星の歴史が刻まれてゆく。
『星の命』

引きで見ると

右上にいるキット(クリストファー)を今回描いたので、右側の下描きはほとんど完成ですね~。
9年前の絵をリメイクする(6)~創作小説『星の命』

ほしいものは『おもしろさ』

キットがこんな表情なのは、
9年前の絵をリメイクする(6)~創作小説『星の命』
おもしろみがほしいと思ったからです。わたしが。

2012年制作のを見て思うのは、もっともっと躍動感を入れたほうがよかった!! ということ。
それは感情、ポーズ、どちらについても。

本質的な部分で(性格的に)似ているキャラクターが多く、そのキャラクターらしさを出そうとすると、どーにも似たような表情になりがちで……。
「このキャラクターがしそうな顔にはどんなものがあるだろう? 女教皇エリザベスのボディーガードなら、彼女を守るために敵を怒鳴ることもあるかもしれない」と連想ゲームをしているかのようにいろいろ考えてみてこんな表情を描いてみたり、少しでもおもしろみを足そうとしています。

だとするとですよ。
女教皇エリザベスも、キットに「守られている女」としての顔をしてほしくなります。
ストーリー中でもこのふたりはじつは両想いなのです。
禁断の恋です。
わたしは少女まんが脳です。

そんなわけで女教皇エリザベスを描きなおすことにします^^^^^^^
鍋弓わた
近代史とイケメン軍人さんを愛でるイラストレーターの鍋弓わたです。
少女~女性漫画風味のイラスト・マンガを描いています。
⇒詳細なプロフィール

ご感想・お仕事のご依頼などはメールフォームからご連絡ください。
コメントを送る
Page Top