1. HOME
  2. たわいのない創作メモ
  3. 左利きの人にも使える左手(右手)デバイス『AC19』のレビュー

左利きの人にも使える左手(右手)デバイス『AC19』のレビュー

2021年1月25日(月)

左利きの人が使うなら、実質的には右手デバイスだよね

相変わらず、ダイソーで買ったA5ノートが活躍している写真です。
このノートの上に乗っているのが、XP-PENの左手デバイス『AC19』です。

本当は新品の写真を載せるべきなんだろうけど、撮影せずに使い始めてしまったのでお許しくださいまし~~。
どのボタンにどのショートカットを割り当てたのか忘れる自信しかないので、マスキングテープでショートカット名を貼りつけてわたしは使用しています。
左利きの人にも使える左手(右手)デバイス『AC19』のレビュー
新品だとこんな感じです。ボタンに模様が入っているのがオシャレ。

そもそも左手デバイスって何なの?

機能を自由に与えることのできるボタンを備えた、小さなキーボードのことです。
「このボタンを押すとこんなことが起こる(できる)」ということを持ち主が好きなように設定できるので、デジタル絵を描くときに使うショートカットキーを割り当てておくと、絵を描くのにかかる時間を少し短縮することができます。

たとえば、Photoshopの「(連続して)戻る」ショートカットは『Ctrl+Alt+Z』です。
※Photoshopは『Ctrl+Z』だと一段階前にしか戻すことができません。

「ああああああああ! さっき描いたここの線を連続して消したい! 戻したい! もういちど描きなおしたい!」と思ったときに、『Ctrl+Alt+Z』と何度も連打するなんて生活……、時間もかかるし、つづけていると指に負担がかかって腱鞘炎になりそうです!;;;;;

そういったときに便利なのが左手デバイス。
どこかのボタン(キー)に『Ctrl+Alt+Z』と登録しておくと、そのボタンを押すだけで、連続してもとに戻ることができます。
これで腱鞘炎ともオサラバだ!?

この世のだいたいの方は右利きであるため、右手で絵を描いている方のほうが左利きの絵描きの方より多いと思われます。
ですので、
・右手でペンを持ち、
・左手で、デバイスのショートカットキーボタンを押す。
ということで『左手デバイス』と称するようです。

…………じつをいうと、わたしが使っているワコムの液晶ペンタブレット『Cintiq22HD』は、画面の両サイドに8個ずつのボタンがあり、そこにショートカットキーを割り当てることができます。
ずっとそれだけでやってきていましたが、「ボタン数が足りない……」と不便を感じるようになってきたので、左手デバイス『AC19』を導入しました。
↓Cintiq22HD。液晶部分の両脇にボタンがある。

探し求めたのは『【右手】デバイス』

わたしは左手で絵を描いています。
ですので、右手で扱えるデバイスであること、が導入のもっとも大切な条件でした。

この世には右利き専用アイテムが多く、左利きはけっこう不便だったりします。
さりげな~い部分で右利き専用に設計されているアイテムはじつに多いのです。
物事によって使う手が違うわたしはまだラクなほうだと思いますが(食べる、描く、書く以外はほとんど右利きであるため)、ガチの左利きさんは本当にたいへんだと思います……。
たとえば、このように右利き絵描きさんの使用が前提になっている左手専用デバイスだと、左利き絵描きには使うのがむずかしそうです……。
その点、XP-PENの『AC19』は、

・左右対称の形状であり、左利きも右利きも関係ないこと、
・液晶ペンタブレットのフチの部分に載せることができること、
・無線でつなげることができ(USBレシーバー)、
・電池式なので充電を忘れても安心であること、
・お財布に優しい値段設定!

以上のことがとても気に入ったので購入を決めました。

サイズはスマホくらいの大きさなので、取り回ししやすい

左利きの人にも使える左手(右手)デバイス『AC19』のレビュー
いまだ現役で使用中のふっる~~~~いスマホと一緒に撮影してみました。

SONY docomo Xperia Z3。
さすがにもう市場にはないだろうな~と思ったのに、(中古なら)あったよ……。
すごいな……なんでもあるな、アマゾン……。

液晶ペンタブレット(液タブ)に載せるとこんな感じ

ちょうど右上に載せることができます。
Cintiq22HDのほかのボタンと干渉することもないので、とても使いやすいです。

そんなことより液タブに貼られているマスキングテープが気になるって?
ショートカットキーを忘れるから、ひたすらマステに書いて貼りつけているんだよ……!
いつ忘れてもだいじょうぶなように。
備えあればうれいなしさ☆
左利きの人にも使える左手(右手)デバイス『AC19』のレビュー

裏側はこんな感じ

左利きの人にも使える左手(右手)デバイス『AC19』のレビュー
上部に単四電池を入れることができます。
その右下にあるスイッチが電源。
使わないときはオフにするのがベストなんでしょうけど、スリープ機能が優秀なので、わたしはオンのまま置きっぱなしです;;;;

上部と下部それぞれにあるコの字型のゴムが滑り止めになっていて、ナナメになっている液晶ペンタブレットのフチであってもしっかり貼りつきます。
かといってべたべたになることはないし、フツーにポンッと置いて、フツーにポンッと回収できます。
液タブを立てたり寝かしたりすることへの妨げにはいっさいなりません。

真ん中のへこんでいる部分にUSBレシーバーが入ります。
…………レシーバー?
うん、いまパソコンに刺さっているので、撮影は勘弁して;;;;;;

液晶ペンタブレットはワコム製なのに、XP-PEN製の左手デバイスがちゃんと動くのか

少なくともCintiq22HDでは動きます。
不具合はありません。
たいへん快適です。

XP-PENさんのところもペンタブレットを発売されているのに、ワコムの製品でもこのデバイスを問題なく使えるようにしてくださっているのはとてもありがたいです!

ショートカットキーの割り当てはどこからするの?

キーの割り当ては、専用のソフト(いまどきならアプリっていうの?)でおこないます。
機械オンチのわたしでも感覚的に使うことができました。
デジタル絵を描く人、描こうとする人ならきっと楽勝な操作だと思います。

割り当てたキーデータのインポート&エクスポートもできるので、設定のバックアップを取ることも可能です。
これでいざというときにも安心だね。
パソコンで絵を描いている人なら買ってみて損はないと思います。何といっても、利き腕関係なく使えることがありがたいです。
『AC19』は電池が別売りなので、購入の際は単四電池のご用意をお忘れなく! うちの愛用はパナソニックのエボルタ。
愛用の液晶ペンタブレット。ホンマ、値段下がったね……。自分が買ったときの価格を思うとめまいがしそうよ……!
鍋弓わた
近代史とイケメン軍人さんを愛でる主婦同人作家の鍋弓わたです。
少女~女性漫画風味のイラスト・マンガを描いています。
⇒詳細なプロフィール

ご感想・お仕事のご依頼などはメールフォームからご連絡ください。
コメントを送る
Page Top