1. HOME
  2. 「個人の感想です(いろいろ感想文)」
  3. 「ジンラ號はすでに完成している!」(完)~東宝オリジナルビデオ作品『ミカドロイド』

「ジンラ號はすでに完成している!」(完)~東宝オリジナルビデオ作品『ミカドロイド』

2021年1月24日(日)

「ジンラ號はやっと完成した!」

せっかくなので、テキストも入れてみました。楽しい。
「ジンラ號はすでに完成している!」(完)~東宝オリジナルビデオ作品『ミカドロイド』
「人間の肉体に~」の部分は、本編の字幕から。
行間キツキツなのも真似してみた。笑。

絵の下にある横書きテキストは、ジンラ號のスペックです。

「極秘・帝國陸軍人造人間ジンラ號計画」は昭和39年に開始されていた……!?

この絵ではスペック(装備品)だけをテキストで入れたので、ジンラ號の正式名称(?)は書きませんでした。
が、ジンラ號の正式な名前は「百二十四式特殊装甲兵ジンラ號」です。

…………んんんんんn
124式????????

それって昭和39年(1964年)のことでは……;;;;;;;

なぜならば。
日本軍の武器の名前につく「××式」という部分は、皇紀の年を表しています。


↑のWikipediaから引用しますと、

1940年(皇紀2600年、昭和15年)制式の機体は「一〇〇式(ひゃくしき)」(例:キ57 一〇〇式輸送機、キ49 一〇〇式重爆撃機「呑龍」)と称する。

とあります。
ということは、皇紀2600年=西暦1940年=昭和15年。
これを前提にジンラ號の124式を考えると、単純に+24年をすればいいので……、

皇紀2624年=西暦1964年=昭和39年。

昭和39年!!!!!

どういうことなの;;;;;;
わたしの認識している世界では、日本陸軍は第二次世界大戦が終わって解体された組織なんですけど;;;;;;;

はっ。
そういえば陸上自衛隊の設置は1954年(昭和29年)……。
もしや、陸自が日本陸軍からジンラ號計画を引き継いでいた……!?


数々の謎を残していくところもさすがミカドロイド、ジンラ號です。
エンディングのアレコレを思うと、この辺のナゾが解明されることは永遠にないんだろうなあ……。
もしも『ミカドロイド2』やら『ミカドロイド リメイク 令和編』なんかが出るんだったら、その辺のナゾにぜひとも迫ってほしいです。笑。

ジンラ號部分のアップはこんな感じ

おどろおどろしさは抜群?
でもわたし、ホラー苦手だしグロ耐性もあまりないので、怖くなりすぎない雰囲気をめざしました。
「ジンラ號はすでに完成している!」(完)~東宝オリジナルビデオ作品『ミカドロイド』

文字なし版はこんな感じ

ジンラ號が主役ってちゃんとわかる絵にはなったよね……。
よかったー。
「ジンラ號はすでに完成している!」(完)~東宝オリジナルビデオ作品『ミカドロイド』
本編73分より2分長い75分の特典映像がついた狂気のDVDはこちら↓ お値段も狂気だけど、おもしろさは(人を選ぶものの)折り紙つき!
メジャーもメジャー、名作映画『ロボコップ』に登場するロボット。攻撃してはいけない人を容赦なくやっちゃうあたりがジンラ號との共通点。しかもどちらも完成のお披露目のときにそれをしてしまうっていうね……。
鍋弓わた
近代史とイケメン軍人さんを愛でるイラストレーターの鍋弓わたです。
少女~女性漫画風味のイラスト・マンガを描いています。
⇒詳細なプロフィール

ご感想・お仕事のご依頼などはメールフォームからご連絡ください。
コメントを送る
Page Top