1. HOME
  2. 「個人の感想です(いろいろ感想文)」
  3. 「ジンラ號はすでに完成している!」(1)~東宝オリジナルビデオ作品『ミカドロイド』

「ジンラ號はすでに完成している!」(1)~東宝オリジナルビデオ作品『ミカドロイド』

2021年1月14日(木)

東宝特撮ブームの嵐が突如として吹き荒れた!

ので、HIGH-GEARed氏にねだって、『ミカドロイド』のDVDを買ってもらいました☆
いやあ~、『連合艦隊』を観れば観るほど、特撮めっちゃおもろいやん! 楽しいやん! ってなってしまって……。

この『ミカドロイド』、いったいどんなお話かというと、まさかの「日本軍ホラー」です。
そしてわたしはホラーが苦手な人間です。
「ジンラ號はすでに完成している!」(1)~東宝オリジナルビデオ作品『ミカドロイド』

あらすじ

ときは1945年――敗戦がほぼ決定的となっていた大日本帝国。
極秘の兵器を開発していた陸軍は、その事実を隠ぺいするため、地下施設に憲兵を送り込んだ。
開発の指揮を執っていた『博士(伊武雅刀)』は絶望にかられ、極秘兵器の『素材』となる予定だった青年ふたりを地下施設から脱出させる。
そして、たったひとつだけ完成していた極秘兵器――人造人間ジンラ號――を起動させるのだった。
博士の異常な行動に気づいた憲兵は彼を抹殺しようとするが、空襲により施設は完全に破壊されてしまう。
これで、極秘計画もジンラ號も闇から闇に葬り去られた……はずだった。

数十年後、日本国はバブル時代のまっただ中を謳歌していた。
かつての極秘計画の地下施設の上にはディスコのビルが建築されていた。
その夜も若者たちは踊り狂う。
しかし、突然に発生した漏電。
その予期せぬ電力が、地下で眠るジンラ號に再び生を与える!
平成によみがえったジンラ號は、みずからがつくられた目的――殺戮――を果たすため、目にする人間すべてを殺していくのだった。

全力でインディーズをやるメジャーな人たち

いやいやいやいや……レビューを見ると、「チープ」「B級」「低予算」「ジンラ號のスーツをつくって予算がなくなってしまったのでは」など、わりとさんざんな評価だったので、いったいどんなもんかと不安でした……。

ところが。

おもしろいよ! (人を選ぶけど)オススメ!!

と、声を大にして言いたい。

ジンラ號は見れば見るほどダサかわ系(※ダサかわいい)デザイン。
ずんぐりむっくりしていて、決してシュッとはしていなくて、動きは猛烈に遅い。
ガンアクションはいい!
上の絵では軍刀を持たせているけど、剣術(?)のほうは、ノーメンテなのに半世紀たっても切れ味おとろえぬスペシャルな軍刀でちまちま切りつけてきます。
スパーッと斬る……というより、ちまちま切ります。はい。
可動範囲があまり広くなさそうなのよねん……。
そして胴長嘆息……じゃなかった、胴長短足のプロポーション。

だが、だからこそ、その見た目のデザインがものすごいリアル。

WW2末期の日本の兵器ってホントに最低限というか……。
見た目をカッコよくしようとか(カッコいいと士気も上がるでしょ?)、そういうところまで意識が回らないくらいに追いつめられている感じが伝わってくるのよね。
それを踏まえてジンラ號を見ると、洗練されたカッコよさとは無縁の(ヒドイ)、このデザインってとてもよくできていると思うのよ……。

本編は73分なので、『連合艦隊』(146分)のちょうど半分。
ですが、説明不足だとか物足りないといった印象はなく、エンディングのシーンまで含めてキレイにまとめられた物語です。

シナリオにB級感はとくに覚えなかったよ、わたしは。

地下施設の様子、ラストバトルなどもかなり凝ったつくりになっているので、低予算とも感じませんでした。
だって、『連合艦隊』は戦場や海戦を俯瞰でえがく映画だからあのようなつくりなんだものー。
局地的な冒険・バトルをおこなうお話だと考えると、『ミカドロイド』の特撮ってじゅうぶん豪華じゃないのかなあ。
しかもコレ、映画じゃなくて『オリジナルビデオ作品』のくくりだし。
企画そのものにバブルを感じる!

この『ミカドロイド』は、特殊メイクアーティストでもある原口智夫氏の監督デビュー作だったり、平成ガメラ三部作で有名な樋口真嗣氏が特撮監督だったり、デスラー総統 伊武さんが冒頭の戦時中シーンで『博士』役として怪演していたり(やっぱすんごいイイ声なのよね~)、チラッと森本レオがいたり(笑)、いたるところに大手様のオーラがあって、「これはただのニッチな映画じゃないな」と感じさせます。
(かといって大衆向け、メジャー系? といわれると悩んじゃうんだけど……)

俳優さんの存在感をとても感じました。
伊武雅刀とか森本レオがいるだけで、映画としてなんかすっごい締まった雰囲気になるんだもの!
B級からA級に全体をグッと引き上げてくれる感じ。すごい。

ジンラ號、描きまーす!

上に貼りつけているジンラ號の鉛筆絵を仕上げていくことにします。
メカってあんまり描いたことないからすっごい勉強になりそう……!
本編73分なのに映像特典75分という、トチ狂ったつくりのDVD。さすがジンラ號。
鍋弓わた
近代史とイケメン軍人さんを愛でる主婦同人作家の鍋弓わたです。
少女~女性漫画風味のイラスト・マンガを描いています。

ご感想・お仕事のご依頼などはメールフォームからご連絡ください。
コメントを送る
Page Top