1. HOME
  2. 「個人の感想です(いろいろ感想文)」
  3. 帽振れinラバウル(1)~映画『連合艦隊』

帽振れinラバウル(1)~映画『連合艦隊』

2020年12月30日(水)
丹波哲郎(小沢治三郎)の描き方練習をしたので、「帽振れ~」の絵を手直し……。
帽振れinラバウル(1)~映画『連合艦隊』

これってどこのシーンなの?

わたしが描いている絵にはこの三人しかいませんが、パンフレットに掲載されている写真には背景にもっとたくさんの人がいて帽子を振っています。
パンフレット用の写真? それともボツシーンのひとつなの??
…………と思いきや、『連合艦隊』三周目を観たところ、ありました!!

時系列としては山本五十六(小林桂樹)がラバウルにやってきて、小沢艦隊の艦載機もそこに合流したところです。
だから、山本五十六とともに宇垣纒(高橋幸治)と小沢治三郎(丹波哲郎)がいる。
南方の最前線(ガダルカナルの消耗戦とか……)に飛び立っていく飛行機たちを、彼らが見送っているシーンでした。
同時に「とにかく戦局が悪くなっていて……」というナレーションが入っており、そちらに気を取られて「ナヌッ!?!?」と画のほうは印象に残っていなかった模様……。


『永遠のゼロ』でいうと、「敵は飛行場が完成するのを待って、これを奪った!!」というシーンですな。
あのあたりの出来事のようです。

色つけまでイケるかなー。


鍋弓わた
近代史とイケメン軍人さんを愛でる主婦同人作家の鍋弓わたです。
少女~女性漫画風味のイラスト・マンガを描いています。

ご感想・お仕事のご依頼などはメールフォームからご連絡ください。
コメントを送る
Page Top