1. HOME
  2. 太平洋戦線
  3. スプルーアンス夫人(完)

スプルーアンス夫人(完)

2020年4月14日(火)
スプルーアンス夫人を描いた絵が無事に完成しました。
次は以前に背景だけアップした絵のつづきに取りかかる予定ですー。
スプルーアンス夫人(完)

描くときの心がけ

ラクガキっていうか手習いっていうか、原稿でも仕事でもない絵を描くときは、実験的なことをひっそりこっそり毎回やってみてます。
ほかに実験でなく心がけているのは、背景を入れることと全身を入れることです……
わたしはものぐさなので、気を抜くとすぐに顔しか描かなくなりそうでね……。

スプルーアンス夫人のキャラクターデザインの理由

実際、スプルーアンス夫人はどのようなファッションを好み、ヘアスタイルをしていたのか?
旦那さんである(そしていちおうは有名人である)レイモンド・スプルーアンス本人の写真の枚数さえ少ないので、夫人の姿にいたってはもっとナゾです。
そんなわけで、服装資料として使っている洋書を参考にしつつ、現代風にアレンジしたキャラクターデザインにしてみました。
でもこの本、イギリスの本なのでアメリカのファッションとは少し違うのかもしれない心配も少しある…。

スカート丈が長めなのはわたしの趣味です!
絵で描くときくらい、現実であまり着られない服を着せたいー。
最近は現実世界でもロングスカートがはやってはいるけど、小さいころからのあこがれなのよねー、ロングスカートって。
ひらひら、フワフワと、ほんと幸せになる感じ。

そして髪型。
ロングヘア主流かと思いきや意外や意外、戦間期の欧米女性のヘアスタイルは、ボブがはやっていたようです。
ローウエストのストンとしたシルエットの服と、膝丈のスカート丈。
活動的であることが肯定され、女性たちは自立の道を探しはじめていました。

戦間期は「戦前」であり、「戦後」

戦間期は第二次世界大戦前ではあるのですが、同時に第一次世界大戦後でもあります。
現代を生きるわたしたちから見ると「戦前」でひとくくりなんだけど、当時の人々(未来を知らない人々)からすると「戦後」。

第一次世界大戦は、近代兵器(航空機や毒ガスなど)が使われた初の戦争でした。
これまでの戦争からは考えられないほどの多くの犠牲を生み、ヒトの人生観そのものも変えてしまったのかもしれません。

スプルーアンス夫人』の絵 目次

鍋弓わた
近代史とイケメン軍人さんを愛でる主婦同人作家の鍋弓わたです。
少女~女性漫画風味のイラスト・マンガを描いています。

ご感想・お仕事のご依頼などはメールフォームからご連絡ください。
コメントを送る
Page Top