1. HOME
  2. 繊細な生活-HSPの暮らし方-
  3. せんせい。

せんせい。

2020年4月6日(月)
Photoshopの本が届きました~(^o^)
まだかな~まだかな~って待っていると、一日二日のことだというのに時間がとても長く感じられました……。
その分、いろんな用事をやっつけられました。
おかげさまで充実した毎日です。

せんせい。
↑の絵は教会の中です。
スプルーアンス夫人の次に描きたい絵のためです。

穏やかな心で過ごすってホンマに大事やな……ってここ数年は心から思います。
冷静な目がないと、つくれるはずの作品もつくれなくなってしまいますからね……。
「なぁ~にを偉そうにッ!」ってならないようにこれからもがんばりますゾ。

創作活動のひとつとして、ブログを書くことも(描くことも)楽しいです。
雑談がつづくときもあるかもしれませんが、許してちょんまげ!

懐かし写真シリーズ

これはわたしの絵の先生が参加された展示会の案内看板の写真です。
せんせい。

せんせい。

石濱阿里紗先生と出会ったのは、もう数年前。
わたしは音楽に関しては「経験あり」だとの自負がありますが、その分、絵に関しては専門教育を受けたことがなくて。
こりゃアカン!! イイ人もいるんやろーけどわたしはアカン!! ……って思ったので、「教えてけろー」と教室の門をたたきました。

前職のときから石濱先生に教わっているので、いま借りているサーバーより長いつきあいです(どんなたとえ)。
先生はわたしよりはるかに年下の女性です。
が、実力に年齢は関係ないし、わたしは先生のことがとても好き。
だってかわいいし、優しい!
せんせい。
せんせい。
↑の二枚は石濱先生の絵です。
とってもハートフルな世界観(*´Д`)
こんなにふんわりした優しい油彩画って、なんかとっても新世界やない……!?
しかもこれは原画ではなく、印刷されたポストカードを撮影した画像(ご本人許可済み)。
そしてこの完成度……。
これも原画のパワーゆえ……!

石濱先生は写実絵画で超絶有名な生島浩先生に師事されており、白日会展に入賞されているので、その展示も毎年観に行かせてもらっています。
わたしはデジタルもアナログもどちらもダイスキだし、どちらにもよさと魅力とそれぞれでしか表現できない部分があると思います。
が、100号サイズなどの大型の絵は、やっぱすんごい大迫力です。
絵のなかから立ち上ってくるような魂の強さがたまらない。
この日は都会を散策するのもセットなので、とてもインプットできる日になります。

懐かし写真として上のほうにあげた案内看板にある『研究所展』で展示される絵は、白日会展とは違って小さめのキャンバスの作品が並びます。
その分、絵の全体も近くも見ることができるので楽しいです。

…………毎年、厚かましくパーティーにまで参加させていただいているので…………。
石濱先生の名を貶めぬためにもしっかりせんとなーと、写真を発掘してあらためて実感しました(;´Д`)



それにしても美術館行きたいわー。
生で見たい。
何事もナマがいちばん!

わい、コロナ騒ぎが収まったらホキ美術館に行くんや……

鍋弓わた
主婦同人作家の鍋弓わたです。
歯科医院ではたらくかたわら、絵や漫画を描いています。
近代史とイケメン軍人さんが大好き。作風は少女~女性漫画風味。

ご感想・お仕事のご依頼などはメールフォームからご連絡ください。
コメントを送る
Page Top