1. HOME
  2. 繊細な生活-HSPの暮らし方-
  3. とある女友達のお話

とある女友達のお話

2020年4月5日(日)
きのう撮ったお花の写真をしまおうとフォルダを開けました。
すると、懐かしい写真が目に入りました。

とある女友達のお話
一昨年だったかな、高校時代の友人たちと大阪・心斎橋の居酒屋で集まったときのものです。
道頓堀の水上バスがよく見えます^^
窓ガラスに人影が写ってしまってますが……。

この日は、友人の結婚祝いのために集まりました。
「結婚したのもうけっこう前だよ!?」――なんていいつつ、成人してX年もたっているとなかなか予定が合わなくてねえ。
職種も休日もバラバラなんよ!
社会に出てからだと互いに出会うことさえむずかしいだろうなあってくらい、見事にジャンルバラバラ。笑。
これでも若いときはいっしょにつるんでいたんだから不思議!
相性がよくても違う進路に進むってふつうにあるんだねえ。

この日はわたしを入れて六人集まることができました。

結婚した彼女はこのときおなかに赤ちゃんがいました。
そして、令和元年五月に無事誕生!
生まれたときの写真を見せてもらったけど、めちゃんこカワイイです^^





※以下、ちょっとしんみりしたお話です。





かつて、このグループにはメンバーがもうひとりいました。
七人組だったんです。
でもこの心斎橋の日、その子はすでに来られる状態ではありませんでした。
亡くなったわけではありません。
生きてはいるけれど、難病にかかってしまって面会さえできない状態でした。
もうだいぶ長いこと…………。

「会わないであげて」と、それはご家族の意思です。
「元気なころの姿を覚えていてほしい」と。

「次に聞くのは訃報かもしれないんやね……」と、この席でもみんなで話していました……。

彼女と会えなくなったとき、それはあまりに突然でした。
「病気になってしまった。これが話せる最後かもしれない」と、本人から電話がかかってきたのです。
なんだかどこかで信じられなくて(信じたくなくて)、茫然としたことをいまでも覚えています。

だってね、あまりに最近のことのようなハッキリした記憶なんですよ。

高校時代に初めて会ったとき、
「鍋弓さん、同人誌って知ってる?」
って開口一番訊かれたこととか。

六人全員集まってキレイにオシャレして、わたしとHIGH-GEARed氏の結婚式に来てくれたりとか。
わが家で女子会お泊まりパーティーして大さわぎしたりとか。
彼女と友達と、わたしたち夫婦とで旅行に行ったりもしました。
オシャンティーなカフェだって行きましたよ!

そのときカフェでひとめぼれして買った、小さなティーセットモチーフのマグネットは、いまでもうちの冷蔵庫の扉に張りついて台所を見守ってくれています。

「これ、わたちゃんのイメージやから買ってしもた。あげる(笑)」

って、ある日、唐突に彼女がくれたプレゼントは、『ムーミン』のにょろにょろモチーフのシュガートングでした。

「わたしのイメージとはいったい……(;´Д`)」

と思いつつ、いまでもそのトングはわが家で大活躍中です。
角砂糖を使う習慣はなくなってしまったから、だし昆布を保存瓶から取り出すときにそのトングを使っています。

だしを取ろうとするときに瓶をあけて、ふと、思いだします。

「あの子、元気かなあ」って。

元気じゃないのはわかっているのにね。



ほんと、生きていれば何があるかわからないんですよね……。

だからこそ、友達含めていろんな人と会える・交流する一瞬一瞬を悔いなく過ごしていきたいな……とあらためて思いました。
たいせつなものは何なのか、たいせつな人は誰なのか――それを見誤らないようにしたいです。




…………それはそうと先日紹介した、成城石井のプレミアムチーズケーキのカロリーがやばいんですけど!!!!!!

とある女友達のお話
589キロカロリー!!
つい先日までこんな表示なかったよね??
わたし、食事管理アプリで成城石井のプレミアムチーズケーキ、ずーーーーっと「274キロカロリー」で計上しとったわ……。

それでもわたしはわが生涯に一片の悔いも残したくないので、毎月ひとつは食べ続ける決意です!!

とある女友達のお話
うしろに置いた「一日分の野菜」ジュースが白々しすぎてアカン;;;;;

けども後悔しないためにたいせつなものは見誤りたくないから、たまに起こる少々のカロリーオーバーは許しておくれやす(;´Д`);;


鍋弓わた
近代史とイケメン軍人さんを愛でる主婦同人作家の鍋弓わたです。
少女~女性漫画風味のイラスト・マンガを描いています。

ご感想・お仕事のご依頼などはメールフォームからご連絡ください。
コメントを送る
Page Top