鍋弓わたの個人サークル【極星堂】のインフォメーション。イラスト、イベント参加情報を記載したブログ日記『いらすと詳報』がメイン。ゆっくりしていってね!!!

いらすと詳報

-極星堂日記-

あとりえ極星堂トップページ > カテゴリ:ドイツ空軍「ルフトヴァッフェ(Luftwaffe)」 > 第3回 『アフリカの星-砂漠の撃墜王-下巻』ポスター兼表紙

第3回 『アフリカの星-砂漠の撃墜王-下巻』ポスター兼表紙

2019年1月16日(水)
紙で指を切ってしまった鍋弓わたです。こんばんは。
紙ってどうしていきなり切れ味が神がかるのでしょうか。
どうして!?

さて、下巻表紙兼ポスターのバケツ塗りがとりあえずできましたやで~。




…………飛行機と背景以外。

しかもマルセイユのペン部分はいろいろ気に食わなくなってきて、けっきょくちょこちょこ修正しています。なんてこったい!
色塗りながらいろいろ気に入らなくなってくるクセ、ほんまどーにかしたいです……。

次回2019/01/17(木)~18(金)未明にかけての更新分が、このブログ(いらすと詳報)の今週の最後です。

この絵のつづきは来週から手をつけていく感じになりそうです。





で、そんななかひたすら描きながら、いろんな音楽を聴きました。
初めはわりと短調な曲でもノリノリだったんですが、そのうちなんだかとってもつらい気持ちにもなってきて……(短調づくしだったからか……?)。
サイレント状態で描いたりしつつ……。

アヘっていたわたしに、HIGH-GEARed氏がとある作業用BGMをススメてくれました。
※アヘるとは……夏休みの最終日から宿題を始めるかのようなスケジュールで原稿をすること。つまりは〆切までの日程がめちゃくちゃやばいこと。


ええ! 軍歌のアルバムですヽ(^o^)丿
しかもどうやら旧海軍の軍楽隊が実際に演奏したもののよう……。
SUGEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!
レア度半端ないですね!

この演奏をしてくれていたであろう若者たちがどうなったのか?
つい考えたくもなるけれど……
いまは彼らの遺してくれた音楽に感謝の思いをまず伝えたいです。

ほんと、このアルバムはすごくよかったです。
単純すぎるほど単調でもなく、複雑すぎるほど難解でもない。
うるさすぎず、静かすぎず。
作業の邪魔は決してしない。
むしろ集中力がアップするくらいの効果がありました(※個人の感想です)。

演奏もすっごくうまいの!
がんがんがなり立てるってより、深みがあって紳士的な感じっていうのかなあ、頼りがいと繊細さが同居している感じ。

当時を生きた人々は、こういう音楽とともにあったんだなってとてもダイレクトに感じられます。

しかしながらリンク先のショップでは「誰がどういう時に聴きたくなるのかよくわからないアルバム」と紹介されていますがな(;´Д`)

ならばわたしが解説してしんぜよう。

同人作家が、原稿作業に追われているときに聴きたくなるんだよ!
(模型誌ライターが〆切に追われているときに聴きたくなるんだよ! by HIGH-GEARed氏)



いま検索したところ、どうやら陸軍バージョンもあるようですね。


こっちもすごく聴いてみたいです。

pixivFANBOX自家通販もしています
コメントを送る
Page Top
- Powered by PHP工房 -