鍋弓わたの個人サークル【極星堂】のインフォメーション。イラスト、イベント参加情報を記載したブログ日記『いらすと詳報』がメイン。ゆっくりしていってね!!!

いらすと詳報

-極星堂日記-

あとりえ極星堂トップページ > カテゴリ:ドイツ空軍『ルフトヴァッフェ(Luftwaffe)』 > 第2回 『アフリカの星-砂漠の撃墜王-下巻』ポスター兼表紙

第2回 『アフリカの星-砂漠の撃墜王-下巻』ポスター兼表紙

2019年1月15日(火)
予告通りに更新できた~と内心ほっとしている鍋弓わたです。こんばんは。
週の始まりなので、ヨッヘン検索ボタンをまずは置いておきます。


FANBOXもちゃんと更新しましたので、ご興味のある方はご覧くださると嬉しいです。
FANBOXは週一回(金曜日~日曜日または月曜日未明のいずれか)に更新していく予定です。
こちらのブログ(いらすと詳報)より詳しい原稿進捗、読んだ本についての突っこんだ感想、考察などを掲載していきます。




それはそうと最近オフトゥンがめちゃくちゃ気持ちいいです。
この季節のオフトゥンのスパダリっぷりは半端ないですね……!
毎朝スパダリを振り払って起きるのがたいへんです(;´Д`)

…………マルセイユについては、撃墜王っぷりはスパダリだと思いますが……、彼氏としては……ううーーーーーーん……。
長所も短所も両方あるよね。

さて、下巻の表紙兼ポスターはこんな感じで進んでます。




悩んだあげく、けっきょくカメラ目線にして笑顔にしてしまったよ!
雰囲気があるのは前回のほうかもしれないけど、ばばーんっっっとわかりやすいのはこっちのほうかなーーーやっぱり。

ペン入れができたので、次回からは下塗り(バケツ塗り)していきまーす。




この連休中は映画『太平洋の翼』を観ました。




ヨーロッパ戦線には興味津々で、実際それをモチーフにして創作活動をしているわけですが、じつは太平洋戦線は悲しくて悲しくてあまりこう……じっくり観るのがつらい部分がありました。
でも漫画の描写をもっとちゃんとうまくなるためには、やっぱ映画を観て研究せねば! とも思いまして……。
メッサーシュミットが主役の映画は『撃墜王アフリカの星』以外にはなさそうだし……で、観たのが『太平洋の翼』です。
※もちろんHIGH-GEARed氏セレクション。

すると、

おもしろいや━━━━(゚∀゚)━━━━ん!!

イケメンパイロットたちによる、パイロットのパイロットによるパイロットのための映画がここに!!

となり、すっかりはまってしまいました。
もう「パイロット」がゲシュタルト崩壊しそうな感想ですが、まじでそのくらいの衝撃でした。
イケメンパイロットスキーは観たほうがいいと思う。
古き良き日本男児のイケメンがあふれてるよ!

いやいやいやいや、とても悲しい部分もあるんです。
だけど、悲しいだけじゃないんですね。
当時を一生懸命に生きて戦った人の軌跡が描かれている。
感動しました。

『太平洋の翼』の「第三四三海軍航空隊」は史実で存在していたとも知って胸熱!!
そんなすばらしい舞台……部隊があるなんてわたし、知らなかった!
映画内に出てきた紫電改が模型だなんてわたし、気づかなかった!
動体保存のやつをどっかから連れてきたのだとばかり……!
……もうそんだけすっごく映像的にもすばらしかったし、夢中で観てしまいました。

とっても興味が出てきたので、太平洋戦線についてもぼちぼち調べてみようと思います。
そのうち太平洋戦線本も出せるかもしれません。
ほんと、認識が変わりました。

といいつつ、まずはアフリカ軍団、北アフリカ戦線のアフリカの星!ヽ(^o^)丿

マルセイユの生きた歴史は変えられないけれど、自分なりに考えたハッピーエンドに着地させたいな、と思っています。


pixivFANBOX自家通販もしています
コメントを送る
Page Top
- Powered by PHP工房 -