鍋弓わたの個人サークル【極星堂】のインフォメーション。イラスト、イベント参加情報を記載したブログ日記『いらすと詳報』がメイン。ゆっくりしていってね!!!

いらすと詳報

-極星堂日記-

あとりえ極星堂トップページ > カテゴリ:零次元部屋(松本零士先生作品) > 1978年『宇宙海賊キャプテンハーロック』の感想(19~21話)

1978年『宇宙海賊キャプテンハーロック』の感想(19~21話)

2019年8月27日(火)
はーい本日も『キャプハ(1978)』感想文いっきまーす☆

・19話『女王ラフレシアの罠』
謎の彗星デスシャドウ号がいきなり登場する回。
…………これってつまり、『要塞SSX』ってことでええのよね……??
トチローがこんなこともあろうかと用意していてくれたのかな!
スペシャルな舵テクを披露してくれるキャプテンかっこいいよおおおおおおお。

・20話『死滅のジュラ星』
酒は百薬の長!? な回。
ミーメの過去が少し明かされました。
…………ジュラ星が故郷……!?!?!?
アルザウルス星はじゃなかったん!?
ラ・ミーメ(『わが青春のアルカディア』『無限軌道SSX』)とは姉妹……ていうのはマジのマジでなかったことになっているんやなあ;;;;;
むしろ、『SSX』からどうやって『宇宙海賊キャプテンハーロック』につなげる計画だったのかがめちゃくちゃ気になってきます。
プロットだけでもいいから公開してほぴー。

あとはきゃぷてんの体調不良が見どころです!
( ゚∀゚)o彡゚体調不良! 体調不良!!

ジュラ星から持ち帰ったお花で「花粉病」になってしまうキャプテン含むクルーたち。
お酒を飲んでいたミーメとドクターゼロだけは無事だったが……。

けっこうな長時間フラフラしているハーロックのシーンはすっごい貴重で、ついつい見入ってしまいました。
あああああ苦しんでいるところもせくしーです、きゃぷて~~~~ん……キャッ☆
ワーワー(※アナライザーのそっくりさん)にもたれて艦橋にやってくるとことかマジきゃわわ!

〆はミーメの決闘です。
彼女に重力サーベルを託しつつも、けっして後を追いかけたりはしないハーロック……
ホンッッッマに、ハーロックのこういう男性的な優しさってステキだなあ。
「男のからだのなかに流れる血がおまえにわかるはずがない」と、女であるマゾーンの女王ラフレシアに言い放っていましたが、そのぶんきっと彼は「女のからだのなかに流れる血」を男であるおのれが理解できないことも知っているんでしょうね~。いやーニクイッ。
だから螢ちゃんのわかれうたイベントにも必要以上には干渉しなかったし(いつでも助けに行けるように見守っているところがまたよゆー感あってカッコイイ!)、今回のミーメのことだって送りだせるんよなあ。
性の違いはハッキリとさせつつ、でもけっして見下しているわけじゃないの。
彼女たちをひとりの人として信じて、大切に思ってくれている。
はあああああああほんまキャプテン尊い……。

ミーメの孤独感が伝わってくるラストシーンはとても悲しいものでした……。
「わたしはハーロックに命をささげた女」といつもいう彼女ですが、それは自分に言い聞かせる言葉でもあるんでしょうね。

音楽療法は聴くほうだけでなく、演奏するほうにも癒しになるといいます。

あまりに大きなものをなくしたふたり。
竪琴の音色を本当に必要としているのはミーメ自身なのかもしれません。

キャプテンはそこまでわかってミーメをそばに置くのかも。
「ハーロックに命をささげた」といい、ずっとハーロックのそばにいるミーメ。
(共寝していないことは19話だっけ? で明らかに描かれていました!)

あれだけハーロックのそば近くにいても、「寂しい」と泣くミーメ。
「ハーロックがいるから寂しくないの!」じゃないんですね……。
いままで感情の動きがさっぱり出てこなかったぶん、この辺のことはすっごい心に刺さります……。

ハーロックが彼女をそばに置くのは、恋愛感情がないからなのかもなー、なんて思いました。
ミーメがハーロックに命をささげるのも、ハーロックがあのときに助けてくれたから。
死ぬはずだった命だったのに、あのときに、その後の人生を与えてくれたから。
だからその生はすべてハーロックのもの……、ただそれだけ。
恋の力で幸せになっているとか、そういう救い? はない。

だから艦長室でふたり向かい合っていても、そこは恋人たちの甘い空間ではないのでしょう。
現実から隔絶されたまるで安全地帯のような部屋で、弾くことと聴くことでお互いにひたすら心を癒すのです……きっと。
そしてふたりは今日も、それでも、生きていく。

・21話『ゴーラム! 悲劇の戦士』
トカーガのゾル兄ちゃんが登場と思いきやゾル父ちゃんだったよ! な回。
それどころかトカーガ人のビジュアルってこんなでしたっけ……!?!?!?
イベント内容はイイのに、『わが青春のアルカディア』との違いが気になりすぎてたいへんでした。

そして キャプテン っ ょ ぃ 。

さすがゴーラムです!
カッコイイーーッ!!
ここ数話はご自身で操舵なさってくれるので、見ていてホント楽しいです。

操舵手は下っ端の仕事と聞きましたが、やっぱキャプテンが舵輪を操っている姿を観ていたいのよね~。
キャプテンのお椅子に座ってらっしゃるお姿もステキなんだけどね!




そんなわけで今日はきゃぷてんに徹子の部屋に来ていただきました☆
椅子は椅子でも徹子の部屋の椅子だよ! 笑。

スゴイアタマの徹子さんと背景は、お借りしたものです。

零次元ダイスキーとしては、いまこの次元の宇宙のどこかでも、ひょっとしたらハーロックが航海をしているのではないか? なんて思っちゃいます。
そんな彼にも、あの黒柳徹子さんならオファーを出せるはず!
オファーが来たら、切田長官のいない地球ならきっとキャプテンは出演してくださるはず……ほんとかよ!

「乗組員の選抜方法は歌唱試験」は、完全にわたしの妄想です。
だってさ……アルカディア号って、敵と戦うとき(出会ったとき?)たまに歌ってたりするじゃん……。

♪キャプテン ハーロック♪ キャプテン ハーロック♪

って、ものすごい美声の男声合唱で!
んで、相対した船が「なんだこの歌は!」とかいってるシーンもあったから、やっぱ生演奏だと思うんですよね。
しゅごい。

ですので、その男声合唱に加わることのできる人がアルカディア号に乗れるんだと思います。
あのヤッタラン副長だって歌うと美声なんですよ!
魔地機関長だって美しい歌声なのです!

宇宙海賊デビュー秘話と私生活は、わたしが知りたいト・コ・ロ(*´Д`)




文字なしはこんな感じです↑↑↑

徹子の部屋Wikipediaを見ながら描きました。
収録のときにはこんな感じで飲み物が出るらしい。
けどもまさかお酒はないはず……と思いつつ、特別出演のキャプテンのためにお酒を用意してみました。
テーブルの上のアルカディア号はひょっとしたら徹子さんが描いたのかもしれません。



pixivFANBOX自家通販もしています
コメントを送る
Page Top
- Powered by PHP工房 -