鍋弓わたの個人サークル【極星堂】のインフォメーション。イラスト、イベント参加情報を記載したブログ日記『いらすと詳報』がメイン。ゆっくりしていってね!!!

いらすと詳報

-極星堂日記-

あとりえ極星堂トップページ > カテゴリ:零次元部屋(松本零士先生作品) > 1978年『宇宙海賊キャプテンハーロック』の感想(7~9話)

1978年『宇宙海賊キャプテンハーロック』の感想(7~9話)

2019年8月13日(火)
キャプハー(※宇宙海賊キャプテンハーロック)の宝塚歌劇化はまだか!? と待ち望んでいる鍋弓わたです。こんばんは~!

きのう書いた、妄想はかどりまくりのハーロックtoわい氏への手紙ですが、あれがハーロックの中の人・井上真樹夫さんボイスで再生されるくらいには病んでます。てへっ。

ああんもうキャプテンかっこいいよおおおおおおお。
わたしもアルカディア号に乗りたいよおおおおおおお。

そんなわけで、1978年版の感想ですよ!

・7話『海底のピラミッド』
バミューダトライアングルの謎。
海底ピラミッドのなかで眠るマゾーンの美女……
ハイライトは、彼女を見て、「こんなにも美しいものなのか」と感嘆するハーロックです。
彼は女性を見てそーゆー感想を漏らすことがあまりないので(『ガンフロンティア』はお話自体がえっちだと聞いているので違いそうな予感もするけど、少なくとも宇宙海賊シリーズではストイックだ!)、とっても新鮮でした。
ねえハーロック、マーヤのことでも思いだしているといいよ……。
わたしはまだ、ハロマヤ(ハーロック×マーヤ)カップルをあきらめてはいないよっ。

・8話『女王の宇宙艦隊』
俺TUEEE回! マゾーン艦隊をラクラクほうむるアルカディア号はとってもカッコE!!
蛍ちゃんの「戦闘にいちばん向いているのは地球人なのかもしれませんね」発言が悲しい回でもある。
ふしぎなのが、俺TUEEEのに、アルカディア号とキャプテンたちの行く末がとっても気になること。
予定調和にけっしてならないんですよね~。すごい。
キャプテンにも、台羽くんや蛍ちゃん、ミーメたち、ほかのクルーたちにも、まゆちゃんにもなんとか幸せになってほしい……。
わたし、ほんと、キャプテンの生きざま、あまりに男前すぎて大好きなんだけど、同時にとっても心が痛くもなっちゃうんですよね……。

・9話『戦慄の植物生命体』
別名、徳丸完さん回。ご病気をなさった真樹夫さんの代わりにハーロックを演じられました徳丸さん。
最初は「んー!?」って思っちゃったけど(DVDでつづけて、まとめて観てるしね……)、聞いてると「この声はこの声でハーロック(*´Д`)キャッ☆」となりました。
ちょろいファンでごめんな!
それもこれもキャプテンのビジュアル、しぐさ、何もかもがいちいちカッコEからしょうがないんです!(病んでる

実際、徳丸さんも真樹夫さんハーロックを研究して、意識なさって演じてくださったのだなあ……ということが伝わってまいりました。
ありがとうございました。
おかげさまで燃えました。萌えました。

ストーリー的にはあれですネ、南米に調査に出向いたハーロック&台羽くん。
そこでマゾーンと化した植物が彼らに襲いかかる!
見どころは美女に押し倒される台羽くんとキャプテンです。
こんな感想ばっかりやな……;;;;;;;

・上記三話のなかのどこか
軍隊に包囲された体育館のなかで、ハーロックを呼び出すためのエサにされるまゆ。
彼女のそばで息をひそめるマゾーンを討つため、そこに向かうハーロック!

このエピソードまじ萌えました。

ハーロック尊い……ほんまに尊い……。
まゆちゃんへの愛がーーーー! 愛がーーーーーーー!!!!!
あまりに親子の情愛すぎて、無償の愛すぎてとても悲しい……。

変装のため軍服を着て制帽をかぶったキャプテンにも萌えましょうネ☆

爆破される体育館のなか、まゆを抱きしめて必死に守ろうとするハーロックに涙。
ハーロックを心配させまいと、「だいじょうぶ、平気」というまゆ……( ノД`)シクシク…
全ワイが泣いた。

こののちのエピソードで、あのクソ学長(酷)に対して、ハーロックが保護者として頭を下げるところにも感動してしまった……。

ハーロックまじでパパすぎる……!
こんなお父さんがわたしもほしいです。
そしてお手紙ください(まだいってる

もうね……、ハーロックとまゆの疑似親子関係はね……、ハーロック×マーヤの間に子供がいた……ていう前提で見ると……あまりにつらすぎる。
子供ができていなかった『わがアル』映画版をとるとしても、やっぱマーヤの存在がベースになっている前提だと…………悲しさは消えないなあ。
だがしかし、結婚さえ見据えたパートナーがいたハーロックだからこそ、まゆに父としての情愛をそそげるのかな、とも思う。

いやもうハーロック&まゆのエピソード、シーン、どれもとっても好きです。

わたし、『源氏物語』の光源氏×若紫に代表される光源氏計画創作要素としてはわりとアリだと思っていますが(萩尾望都先生の『ポーの一族』にもそういうエピソードがあったよね!)、ハーロックはそんな見返りを求めたりせず、純粋に友情と愛情でまゆを養育しているから尊いのです……。涙。

ハーロックは零士先生のお父さんがモデルなんだっけ……?
すごい……零士先生のお父さん尊い……


pixivFANBOX自家通販もしています
コメントを送る
Page Top
- Powered by PHP工房 -