鍋弓わたの個人サークル【極星堂】のインフォメーション。イラスト、イベント参加情報を記載したブログ日記『いらすと詳報』がメイン。ゆっくりしていってね!!!

いらすと詳報

-極星堂日記-

あとりえ極星堂トップページ > カテゴリ:零次元部屋(松本零士先生作品) > あなたがけっして地球を忘れはしないということを。

あなたがけっして地球を忘れはしないということを。

2019年8月8日(木)
…………最近『ハーロック』絵をアップしているのは『二次創作(趣味)』カテゴリなんですけど、そのまえは『ヤマト』だったし、事実上は零次元部屋ですよね……
カテゴリ名、変えようかしら(;´Д`)




じつは前回あげていたマーヤ全身図はコレの一部だったのでした~。
ベタ塗りしただけの簡単仕上げだけど、色トレスしたらわりとそれっぽく見えるね……。
色トレスすげえな

左側のアップは公式を観ながら描いてます。
映画『わが青春のアルカディア』で、ハーロックとの再会シーンですね。
ペンダントのデザインはいまいちわかりませんでした。
じつは目の色もよくわからなかった……
ファン失格!?;;;;;;

ほんま……ハーロック×マーヤの幸せな話が観たいです。
なんか『わが青春のアルカディア』小説版(コバルト文庫版)では、ハーロックはマーヤにすでに求婚していた……!? とか、じつはふたりには愛の結晶ができていた!? なんて情報を耳にしました。
どびっくりです!
がぜん読みたくなってきました……

映画でももっとマーヤをピックアップしてほしかったなー

ハーロックスキーとしては、やっぱ彼女さんの情報が気になっちゃいます。
20代のイケメンが彼女いない歴=年齢というのは無理がありすぎると思いますし、女性とつきあっていた……ってのは自分としてはふつーに嬉しいんですけどねえ。
うーん。

ハーロック×マーヤな公式絵を探すと、マーヤがアルカディア号艦長室にいて、そんな彼女を数メートル離れて観てる、マントを外したハーロック……なんて構図のを見つけました。
やっべステキ萌え絵!!

人前でいっつも着込んでいるキャプテンがですよ?
マントを外しているんですよ?
マントの下はもちろん、わたしの大好きなセクシーでスキニーなあの黒服です。
しかもその視線の先にはただひとりの愛する女性……
その彼女は自分を心から愛してくれている……
場所は、許された者しか入ることのできない艦長室……

こんなん、これからいたすことはただひとつでしょーがッッッ!!!!!

感情にぞくぞく訴えかけてくる、こういうエロティシズム、ダイスキです。

わたしが見つけたのはとっても小さなサムネイルだったので、絵の細部が見えないのが残念でなりません。

映画しか観ていない現状のマーヤのイメージは、強い女性ということだなあ。やっぱり。
肉体的というより精神的に強い。
凛として自立と自律しているというかさー
だってあの状況で自分を見失っていないだけでもすごいのに、レジスタンス放送しているってやっぱ並大抵のことじゃできないよ。
しかもハーロックはすでに負けていて……、助けに来てくれるなんて思えないし。

わたしのなかでは、再会してしまったハーロックを拒む彼女について……、彼を受け入れてしまったら、もう「自由アルカディア」にはなれない、と思っていたからではないかな……なんて感じています。
使命を捨てて、役目を捨てて、個人的な愛をとってしまう、と。
自由アルカディアの声に癒されている人、救われている人、希望を感じている人をすべて見捨てることさえしてしまいそうだ、と。
恋愛をとって、彼とともに死ぬことさえ彼女はいとわなかったことでしょう。
でも…………ここで無為に死んでしまえば、それは使命の放棄となってしまう。

使命と恋人への思いのはざまで、ものすごい葛藤があったのではないかと。

地球(と自由アルカディア)に対して出家するか否か? みたいな問題に見えます。

そんなわけで、自分的には『SSX』の黄金の女神より、マーヤのほうがよっぽど聖女だよな……なんて感じています。はい。

あとは、捕らえられたマーヤ&エメラルダスを救出に行くか否か? の話。
ハーロックはすんごい悩みつつ、「いま行くとマーヤは怒る。そういう人だ」という。
あああああああああもううううううううううう
となります。
わかります? わたしのこの感じ……
ハーロックを責める気はないのだよ~
でもマーヤにもいろんな葛藤があったのではないかと思うのだよ~

もしもハーロックが旅立ちを放棄してマーヤ救出に赴いたらどうなっていただろうか(『SSX』の終盤、チープな罠に引っかかったエメラルダスを助けるトチローのように)。
「どうして戻ってきたの」なんて泣きつつも、女性としてのマーヤの心は喜んだのではないかなあ……なんて仮説。

なんでしょね、このときのハーロックはやっぱ若くて、とっても青年で若者で、「マーヤのすべてを理解している」なんて状態ではないと思うんです。
マーヤの深い深い心の奥底までは見えていないというか……
まあ、男と女って考え方が違うので、そういうものだとも思います(そこが魅力でもある)。
マーヤのほうが一歩ひいてハーロックを理解してそうな関係。

といいつつも、「骨になっても戦え」のメッセージがこもっている(らしい)骸骨旗と服を贈るマーヤは男前だとも思います。

こういう強さに、ハーロックは惹かれたんだろうな。
涙をこらえて「いってらっしゃい」といえる女なんですよ、マーヤは!

そんなわけで、公式でハーロック×マーヤを観たいです。
ほかの世界線でもいいからマーヤを登場させてあげて~

つまり、

彼女といちゃついて幸せなハーロックが観たいわー(本音)


pixivFANBOX自家通販もしています
コメントを送る
Page Top
- Powered by PHP工房 -