1. トップ
  2. 日記

週刊日記

エンデール

2017/05/27(土)【日本海海戦記念日】

129-1.jpg

今日はタキスン(http://www.takisun-andes.com/)のコンサートを聴きに行ってきました!
南米ペルー、アンデスの音楽ってほんとにステキ♪
フォルクローレ大好きです。

あまりにすばらしい音楽だから思わず体が揺れる揺れる〜♪
リズムに乗って手拍子をしながらじっくりメロディーを聴いていると、「よし! 次の本は大樹族にしよう!!」と降ってきました。ヒラメキ!

というわけで久しぶりに大樹族のアイザック&アタヤを描きました。
ざっくり下塗りしかしていないので超途中……いつか完成するといいですね(他人事かい

アタヤは描きまくっていたので手がデザインを覚えているのですが、アイザックはすっかり忘れていて。
昔の絵を資料として見ました……ら、あまりに! いまより! 未熟すぎて! どっひゃあああああああああ!!!!! っと震えました。
わ、わたしって伸びしろあるなー!

いまもまだまだ未熟なので、これからさらに精進しないといけませんぞ。
いい加減、「模写するように」デッサン教室でいわれた本を終わらせないとね……

そんなわけでストーリーがつくれたら、7月のアートメイド合わせの本は大樹族にしようと思います。
とはいえ、実際に本にするとなったら一部のキャラクターは名前が変わると思います。
さまざまな言語が入りまじったキャラクター名、やっぱり違和感を覚える方が多いみたいで。
よくよく考察してみると、部族ができあがって1600年弱はたっているのだから、最初の言語からはだいぶ変わっているはずなんですよねー。
日本語だって、平安時代の古文ってめっちゃ読みにくいじゃん! たかだか1000年前後まえにもかかわらず!
ということは、それの1.5倍はときを経ている大樹族の言葉は、もう大樹族の言葉として独自の言語ができあがっているような気がするんです……
ここでオリジナルの言語をつくれるくらい、自分に知恵と知識と知性があればいいのですが。

「アタヤ」「アンジュ」はそのまま継承するつもりです。
ただ「アイザック」はもろに英語人名なので、改名しようと思います……
ひとまずの改名案は、テュルク系の人名の「エンデール」です。
ファンタジックな響きがすてきやー
うつくしく才能にあふれる魔術師アイザックにぴったりな気がする。
(本のなかで魔術という設定が使われるかどうかは不明ですが……)


『肖像画家のメレーテ−1929年におけるバルト海のふたつ星−』通販開始!

2017/05/19(金)【セメントの日】

というわけで通販はじまりました!

自家通販は銀行振込のみですが、あらたに『宣伝値引き』なるものを導入しました。
あとりえ極星堂と鍋弓わたについて宣伝(要リンク)してくださった方に限り、ご注文合計金額から100円お値引きするというものです。
詳細は通販ページをご覧くださいね。

ぜひ宣伝してください(土下座)。
そして買ってください!!!!!!!!!!(直球)

でもぉ〜〜〜〜銀行振込のみは不便?
そのお気持ちもものすご〜〜〜くわかりますので、クレジット派の方はpixivのショップ機能である【極星堂booth(https://aksd.booth.pm/)】をご利用ください。
ただ、こちらのBOOTHでお買い上げの場合、宣伝値引きは適用されません。
また、頒布価格はBOOTHでの決済手数料を含めたものになっています。すみません。

どちらでどのようなかたちでもお手に取っていただけるだけで嬉しいので、ぜひよろしくお願いします!

Amazonの「なか見!検索」みたいに立ち読み版もつくりました。

・サイト版⇒http://www.aksd.net/shop/tatiyomi/syom/tatiyomi.html
・pixiv版⇒https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=62970534
・TINAMI版⇒http://www.tinami.com/view/906314

よろしければぜひご覧ください。


関西コミティア50ありがとうございました!

2017/05/16(火)【性交禁止の日】

127-1.jpg127-2.jpg127-3.jpg

当日は初参加で至らない点もけっこうかなりあったと思いますが、温かく迎えてくださってありがとうございました。
ガチガチに緊張して(というより徹夜と夜更かしがたたって放心状態で)ぼんやりしていました。
けれど、人の熱気と創作欲と燃えと萌えにあふれた空気は、身を置いているだけでも本当に楽しかったです!

何より、自作が本になった姿を見るのが感無量すぎて本当に感動的でした。
ヤミツキになりました。
こりずにまた出ます。

次回は7月23日(日)京都国際マンガミュージアムにて開催の「第7回 アートメイド」(http://www.comicon.co.jp/artmade/)に出ます。
その次は10月1日(日)OMMビル2階ABCホールにて開催の「関西コミティア51」(http://www.k-comitia.com/)に出られたらいいな! 受かれば!
まずはアートメイドに向けて何かつくれたらいいなーと思います。

新刊「肖像画家のメレーテ−1929年におけるバルト海のふたつ星−」は、今週中に通販ページにアップしたいと思っています。
通販ページの準備ができたらこの週刊日記とツイッターで告知する予定なので、みんなどしどし買ってね!!!!!!!!!!(圧力)


「関西コミティア50(インテックス大阪2号館)」に出ます!

2017/05/10(水)【愛鳥週間開始〜5月16日まで】

126-1.jpg126-2.jpg126-3.jpg

ずっと放置してましたね! 修羅場ってました!!
今日の朝9:00が締め切りで、原稿ファイルが全部できあがったのが朝7:19っていうね!
ギリギリ崖の上をいくようなスケジュールでした。
いやあ〜〜〜やりがいがあって楽しかったです。
次はどんな漫画を描こうかねえ。

というわけで新刊出ます。
『肖像画家のメレーテ−1929年におけるバルト海のふたつ星−』表紙フルカラー48pです。
一冊800円の予定です。

イベント後は自家通販の予定です。
そのときはレターパックライトで、送料込み1000円を予定してます。

サークル名は【極星堂】で参加します。
このホームページは「あとりえ極星堂」ですが、サークル名には「あとりえ」がついていないのでヨロシクね!
スペースNo.は【B-72】です。「ぶ〜〜なに〜〜?」で覚えるといいと思うよ!

初めての本づくりで至らないところもいろいろとあると思いますががんばって描いたので、お手に取っていただけると嬉しいです。
よろしくお願いしまーーす!!


申し込みましたお

2017/02/27(月)【1996年、競走馬ハルウララ誕生】

125-1.png

2017年5月14日(日)開催の関西コミティア50(http://www.k-comitia.com/)に申し込みました。

サークルカットがめっちゃ使いまわしやね!
きれいに印刷に出るといいなあ。どきどきです。



世界名作劇場で主人公が相棒として動物を連れているのが好きです。
なので、『ライネンラント』のメレーテも相棒に小動物をつけてあげようと思いまして。
ネズミやラットが最初のアイデアで、でも欧州でそれは……むむむ。とも思ったり。
で、リスにいったんは決定したのでした。

が!!

小鳥を連れたい! という案がぶわっと湧き出ましてな。
運命的な偶然で、私自身も文鳥が飼いたくなってきました。
時代的にもメレーテが白文鳥と出会うのは無理がなさそうなので、彼女の相棒は白文鳥に決定しました。
漫画には、白文鳥トルテとたわむれる彼女を描きたいものです。

せやねん。
きのう自分がお迎えした白文鳥の名前が「トルテ」なのは、この漫画から来ていたのでした……。


さて、サークル参加も申し込んでしまったので、しっかり気合を入れて漫画を描きますぞ。
舞台は1929年のドイツ、そしてバルト海に浮かぶ小さな島国ライネンラント。
主人公は絵を描くことが好きな少女メレーテです。


コメントを送る
Page Top

- Topics Board -