1. トップ
  2. 日記

週刊日記

ルビンローゼ1932年

2017/11/01(水)【自衛隊記念日】

144-1.jpg

いま制作中の新刊は1932年のお話です。
ルビンローゼは16歳くらいになっているはず……なので、すこーし大人になった彼女を描いてみました。

メレーテは三つ編みスタイルを定番としてつづけると思うので、ルビンローゼは活動的にショートカットにしてもいいかもしれませんね〜。


いきおいだいじ

2017/10/29(日)【1929年、ウォール街大暴落「悲劇の火曜日」。五日前の「暗黒の木曜日」につづいて、株価が再度大暴落】

143-1.jpg143-2.jpg

最近ドイツ空軍にハマっています。
もちろんWW2のドイツ空軍です。
1935年〜1945年のドイツ空軍のことは「ルフトヴァッフェ(Luftwaffe)」というみたいですね。
響きがすでにめちゃカッコイイ……!

てなわけで、いまいちばんアツいエースパイロットのハンス・ヨアヒム・マルセイユを描いてみました。
思いがけず今日一日が休みになったので、ひたすらにごりごりと……。
二枚目は元ネタの写真です。インターネッツで拾いました(白状)。
う〜〜〜ん、あんまり似ていないけど、愛はめちゃこもってます。
うっかり肖像画風味に描いてしまうくらい!(笑)
翌日になったら、「ヨッヘン(マルセイユのあだ名)はもっともっとイケメンなんやーー!! これでは納得できん!!」と荒れるかもしれないので、完成した勢いでアップしときます。いきおいだいじ。

1919年生まれのマルセイユは、ルビンローゼ(1929年時点で10歳)と同い年なんですなあ。
いつか『バルト海のふたつ星』で彼が登場してしまうことはあるのかしら!?!?


表紙を描かせていただいた本が発売しました。

2017/09/11(月)【二百二十日】

142-1.jpg142-2.jpg

日記更新頻度アップ、挫折してしまったよ!
やっぱりこのザマだよ! 残念!!

あーーーーー、本当にどうしよう。
いちおう「週刊日記」というタイトルなので、せめて週にいちどは更新したいと思っているのですが。
それがなかなか……できずに……いまにいたる。
定期更新している人、マジすげえ。

次のイベント参加予定は10月1日の関西コミティア51です。
新刊は『バルト海のふたつ星』で考えておりますが、つくったプロットを見ると、調べることが多いのと+ページ数も多くてとても間に合いそうになく……。
もっと別の短編ネタをひねり出そうかと悩み中です(赤裸々すぎる報告)。

あと、いるかネットブックスさんから発売中の『明日が雨でもあなたに感謝の花束を贈ろう(呂彪 弥欷助さま著)』の表紙を描かせていただきました。




すんごくステキで、温かくて、ファンタジックで、きゅんとするお話なので、みなさまぜひご覧くださいね!


二枚目もお仕事で描かせていただいた絵です。
二十代のお酒大好きOLさん。
最近のOLさんはいったいどんなかっこうをしているのかしら?
お客様からいただいた参考資料+自分でも調べて描かせていただきました。
きれいなおなごは見るのも描くのも楽しいです。

どちらの絵も、近いうちにサイトコンテンツとしてアップロードする予定です。





ふええええええ、ほんま、新刊どうしよう……。
短編をきれいにすっきりまとめるセンスがほしいわい!


「おや、寝てしまったのか」その6

2017/08/18(金)【米の日】

141-1.jpg

目の光が入るだけで印象が変わりますなあ。

わたしのイメージでは、バルタザールの瞳はグリーンアンバーです。
メレーテの髪はミルクティーで、瞳はダークブルー。






ものすごい悩んだんですけど、チベットの古くから伝わるお守り、わが国のポスト・勾玉ともいえる『ジービーズ(天珠)』を買いました。
ファースト・天珠です。
アンティークやら千年以上前から伝わるガチ天珠なんて買えませんので、お値段はお安い。
(千年以上前から伝わる天珠は何百万、何千万とかするんだって……!? ホンマなん!?)
わたしが買ったのは、『肖像画家のメレーテ』よりは高いが、ドイツ語辞書よりは安い値段。

ふたつセットのものだったので、夫用とわたし用にブレスレットにしました。

アンティーク、古くから伝わるものでもたどっていく先には「はじまり」があったはずなんだ。
だから、今回買ったはじめての天珠が「はじまり」になったっていいはず。

自分の目標をこの天珠に話しかけてみたら、なんだか心が引きしまった感じ!
これからパワーストーンズとともに、彼(彼女?)にも相棒になってもらってガンバリマス。

こういう「すこし・フシギ(SF?)」な話って興味深くておもしろい。
ロマンがあるな〜って思います。


『一次創作好きさんに質問』

2017/08/17(木)【パイナップルの日】

140-1.jpg

ツイッターで発見したので回答してみます。

1:創作歴はどれくらい?
二十年以上……

2:本編はある?
あるよ!
サイトと「小説家になろう」に置いている小説『星の命』『星の帝国』と、同人誌として発行している『バルト海のふたつ星』シリーズ。
現在公開中・進行中のものは以上。

3:つくったキャラクターは全部で何人くらい?
モブも入れたら百人超えるかもしれないね……

4:世界観はどんな感じ?
現在公開中・進行中のものは近代ヨーロッパ(20世紀初頭〜半ば)ベースのものばかりです。
『星の』シリーズはそういうのを根底に含んだファンタジーワールド。
『バルト海』は現実世界。

5:自分のキャラクターや作品の見せ所は?
骨太。わりとしっかりしている(と思われる)世界観、社会描写。
キャラクターはなんだろうね……。
顔が少女まんがなのに体の部分でえろを目指しているところ?
あ! 白文鳥!!

6:自分が好きな要素、ジャンルは?
20世紀初頭〜半ばのドイツと日本が好きです。
文明がわりと進んできている+貴族制度もまだ生き残っている……そんな伝統と新しい価値観が同時に存在している感じにときめきます。
あと、男装の麗人。

7:自分の創作を多くの人に知ってもらいたい?
そりゃもう。なのでRTも宣伝も大歓迎よ!!(必死)

8:思い入れのあるキャラクターは?
『星の』シリーズからはジール・ヒルガード。
『バルト海』ではバルタザールかなあ〜〜〜。
メレーテメインでお話は進んでいますが、本質的な主人公はバルさまだと思っております。

9:ほかの人との交流は好き?
コミュ障でもよかったら相手してくだせえ。

10:キャラクターや物語にメッセージ性はある?
「こういうことを伝えたいから書こう(描こう)!」っていうのはないですねー。
全部キャラクター自身の考え方であり行動なので、それらをイコールわたしの思想だと思われても困ります。
ただ、物語の根底にブレが出ないように、というのは心がけて…………いられればいいですね!

11:自分の創作品で、見ている人に何を伝えたい?
エンターテインメント。娯楽。

12:自分が創作のなかで自信があるものとは?
白文鳥トルテがわりと怒りっぽいところ。
文鳥ってけっこう激情家よねん……。

13:キャラクターをつくるとき、モデルはいる?
いたりいなかったり。

14:どんなときに物語や設定、デザインが思いつく?
無法則です。
いったいどういう法則で思いつくのか、わたしが知りたい。

15:創作をやっていてよかったことは?
毎日楽しいところ!

16:創作をしていて気をつけたほうがいいことは?
没頭しすぎて徹夜しないことかね……。
徹夜はイイ仕事の敵なんだぜ!

17:自分自身の創作、好き?
好きなところもあるし、「もうちょっとなんとかならんのかーい!」というところもあるし、じつは自信のある個所もある。

18:キャラクターなどの名前のつけ方はどうしてる?
世界観に沿って考えます。
最近は人名辞典のwebサイトがあるので助かってます。

19:創作の失敗談はある?
「ウケ狙い」で行くぜ! と自信たっぷりに書いたのに、いざ投稿したら爆死したこと(※『星の帝国』冒頭)。
お気に入りも評価も感想も何もつかなかった……。
活動報告でもらえたコメントが心の支えだったなあ。懐かしい。

20:自分の周りに創作をしている人はいる?
いるよ!

21:創作のなかでのこだわりは?
エンターテインメント、娯楽にすること。

22:創作をやっていて、これだけは譲れないというものは?
エンターテインメント、娯楽作品にすること。

23:創作をやっていて、足りないと思うものは?
エンターテインメント、娯楽性。
もっともっともっともっとおもしろいものにしたい!

24:あなたにとって創作とは?
半神。

25:自由にメッセージをどうぞ!
けっこう長かったね……。
久々にこういうのに回答して新鮮だったり懐かしかったり、あらためて自己を見つめなおしてみたり……。
おもしろかったです!


コメントを送る
Page Top

- Topics Board -