1. トップ
  2. 日記

週刊日記

いきなりアベルト論

2017/12/19(火)【日本初飛行の日】

晩御飯の時間に少しずつ観ていた『宇宙戦艦ヤマト2199』を観終わりました。
旧作と『さらば』は観たことがあります。
デスラー総統が好きです。
そんなわたしではありますが、アベルトさんについては、ちょっと、う〜〜〜〜〜〜ん……といろんな意味でうなってしまいました。
おいしい人だとは思うんだけどなあ。
彼の周囲を取り巻く人間関係やこれまでのこと(過去話)がいまひとつ希薄で。
んで、一言でいうと、「少女まんがの人になった」と思いました。

もやもやを吹き飛ばすためにも、ちょっと語ってみます。

旧作デスラー総統はガミラス帝国やガミラス民族のために出家している!? とも思えるフシさえありました。
それに比べて、アベルトさんは「すべてはきみのため」といってのける!
ものすごい個人的理由を動機にしていて、すがすがしすぎるくらいでした。
(誤解を恐れずにいうならば、拙作『星の〜』シリーズのハワードっぽくなっていた……。
『星の帝国』連載当時、ご感想でいただいたハワードへの印象の意味が痛いほどわかりました。)

いえいえいえ、わたくし、アベルトさんのこと、キライじゃないです。イケメンだし。(顔か、しょせん顔なのか)
旧作デスラー総統も大好きです。男らしいイケメンって感じでものすごいしびれるあこがれるぅ!!(顔か、しょせん顔ry

アベルトさんが見ている世界にいたヒトはおそらく、自分とエルク(ドメル)、そしてスターシャだけ。
スターシャへの気持ちも男女の愛というよりは、まるで子供が母親を本能的に求めるようなもので……。
だから、スターシャの気持ちなんて考えていないんですよ。
「きみのためにこんなにがんばったんだよ! ほめて!!」――そんな感じ。
「ぼくはきみのことが大好きなんだよ!」――相手の返事はどうでもいいの。
自分が好きだから、その思いを必死に表現して、ただひたすらに受け取ってほしいの。

なのにスターシャはいくらあげても喜んでくれないから、アベルトさんはどんどんエスカレートしていってしまうんですよね。
だからといってスターシャを責めることはできません。
だってスターシャはアベルトさんのお母さんではありませんから。
そういう情緒の欠落している彼を育てなおすことは彼女の義務ではない。

むしろ、スターシャは為政者としてアベルトさんを利用していますよね。
「はい」とも「いいえ」ともいわず、「あなたとはひとつになれない」――「結婚できない!」、そんな風には決していわなかった。
抗議のホットラインとおそらく遺憾砲だけを撃って、責任を何一つ負おうとはしない。

そりゃセレステラもスターシャのことが嫌だと思いますよ。
セレステラは周囲から「魔女だ」とののしられることがわかっていながら、ひたすらアベルトさんのために動いて、力を尽くしているんですから……。
ヒトが怒りを抱くときのパターンのひとつとして、自分に許していないことを相手がしているときがあるとかなんとか……。
セレステラはうらやましいのでしょうね。
ただ「あるがまま」の姿でアベルトさんに求められているスターシャが……。
自分はジレルの力を使って、すべてをささげる覚悟でもって、やっとアベルトのそばにいられるのに!



ああドロドロ! こんなの大好きです!!!!!



アベルトさんはスターシャに対して母性的な愛情を求めているので、彼はおそらく幼児期に親の愛情を受け取れる状況ではなかったのではないかな、と推測しました。
今後公開されている『2202』でそのへんも補完されていくのでしょうか。楽しみです。




というわけで以下、アベルトさんの過去妄想をしてしまいました。
少女漫画界の名作『日出処の天子』やBL話が普通に出てくるので、免疫ない人は以下の文章は読まないでね!















アベルトさんの世界にいる人のなかにエルク(ドメル)をあげたのは、やっぱ勲章授与のシーンにズキュッと来たからです。単純。
だってアベルトさん、ドメルのファーストネーム呼びますもんね、あの場で。「エルク」と。

けども当のドメルはイヤそう(笑)。かわいそうなアベルト……(スターシャ風に・笑

まあ、ふつーに考えてアベルトさんがドメルを政治利用したいから親密さをアピールしているのかな、というシーンですが。
妄想族としては、ここはふたりが以前ガチの「親密な関係」にあったのだと考える次第です。
んで、その別れ方がヒドイものだったんでしょうね。
だからドメルはできるだけアベルトに会いたくない。
けれどもアベルトはまだドメルに心を残している部分があって、やっぱり会いたいし、名前を呼んでしまうんだろうな〜〜と邪推しました。邪推しすぎや。

ドメルには妻・エリーサがいます。
エリーサと出会う前、ほんとのホントに若いころ、ドメルもうつくしいアベルトに惹かれていたのではなかろうか。
ガミラスではめずらしい金髪。ととのった目鼻立ち。少年時代は女装しても似合いそうだ。赤ん坊時代にはベビードレスとかいいんじゃないですか。

アベルトは基本的に愛に飢えていますから、ドメルとの「親密な関係」にのめりこんでいってしまう。
遊びと本気と友情と愛情と恋愛と親子愛の区別がついていないのでは、という心配も。
ところがドメルはけっきょくは明るい場所で育ったであろう、光の人。
アベルトとの関係が一時的なものであることや、それが互いのためによくないこともよくわかっている。
そんなときにエリーサと出会ってしまい……、「わたしはあなたのほうを選んだのですよ!」。

ってあれや、展開のノリが山岸凉子先生の『日出処の天子』まんまですけど。

厩戸⇒アベルト、毛人⇒ドメル、布都姫⇒エリーサ、間人または美郎女⇒スターシャで考えると、関係性がめっちゃ当てはまると思う。

んで、ドメルとの「関係」が終わったアベルトは、ドメルとエリーサの結婚式なんぞ見たくないので、なんやかんやと理由をつけて外遊をしたり(セレステラ&ミレーネルを助けたり)、イスカンダルに行くわけです。
そこでスターシャと出会ってしまう……。
当時のスターシャが女王即位前で王女だったら倍率ドン!

だってね、きっとね、スターシャは似ていたんです。
アベルトが求めても求めても得られなかった母の姿に。

わたし的仮説に、アベルトの母はイスカンダル人、というのがなんとなくあります。
だから金髪なのかもーーとか。
先の大公が叔父なのも不思議な話ですし。
先の大公には子供がいなかったのか??

その辺はまだ思いついていませんが、なんらかの理由でアベルトはイスカンダル人の母親には愛されなかった。
まあ、イスカンダル人は自分たち以外の民族をちょっと下に見ているっぽいところがデフォであるからなあ。
それを前提とすると、デスラー家に嫁いだイスカンダル女性は見るからにガミラス人のアベルトを愛せないのも当然かもしれません。

そんなわけで、アベルトはスターシャへの渇望を「恋愛」だと思い込んだまま、ひたすらに彼女を求めていくんですね……。

ドメルいわく「あの人(スターシャ)の目は、あなたの母君に似ている!」みたいな。
毛人乙、そして美郎女乙、としかいいようがない展開やね……。

愛に狂い、愛を求め、愛に生きるアベルトさんは、やっぱり少女まんがのなかの登場人物だな、と思うのであります。
アベルトさんの今後のご成長とご活躍に期待しています。

アベルトさんを見ていると、なんかほんと『処天』の厩戸を思いだすんですよね。
心の芯に響く寂しさがあって痛ましいわ。
抱きしめてあげられる人ができるといいよね、ほんと。


しゃべりまくってちょっとスッキリ☆


ルビンローゼ1932年

2017/11/01(水)【自衛隊記念日】

144-1.jpg

いま制作中の新刊は1932年のお話です。
ルビンローゼは16歳くらいになっているはず……なので、すこーし大人になった彼女を描いてみました。

メレーテは三つ編みスタイルを定番としてつづけると思うので、ルビンローゼは活動的にショートカットにしてもいいかもしれませんね〜。


いきおいだいじ

2017/10/29(日)【1929年、ウォール街大暴落「悲劇の火曜日」。五日前の「暗黒の木曜日」につづいて、株価が再度大暴落】

143-1.jpg143-2.jpg

最近ドイツ空軍にハマっています。
もちろんWW2のドイツ空軍です。
1935年〜1945年のドイツ空軍のことは「ルフトヴァッフェ(Luftwaffe)」というみたいですね。
響きがすでにめちゃカッコイイ……!

てなわけで、いまいちばんアツいエースパイロットのハンス・ヨアヒム・マルセイユを描いてみました。
思いがけず今日一日が休みになったので、ひたすらにごりごりと……。
二枚目は元ネタの写真です。インターネッツで拾いました(白状)。
う〜〜〜ん、あんまり似ていないけど、愛はめちゃこもってます。
うっかり肖像画風味に描いてしまうくらい!(笑)
翌日になったら、「ヨッヘン(マルセイユのあだ名)はもっともっとイケメンなんやーー!! これでは納得できん!!」と荒れるかもしれないので、完成した勢いでアップしときます。いきおいだいじ。

1919年生まれのマルセイユは、ルビンローゼ(1929年時点で10歳)と同い年なんですなあ。
いつか『バルト海のふたつ星』で彼が登場してしまうことはあるのかしら!?!?


表紙を描かせていただいた本が発売しました。

2017/09/11(月)【二百二十日】

142-1.jpg142-2.jpg

日記更新頻度アップ、挫折してしまったよ!
やっぱりこのザマだよ! 残念!!

あーーーーー、本当にどうしよう。
いちおう「週刊日記」というタイトルなので、せめて週にいちどは更新したいと思っているのですが。
それがなかなか……できずに……いまにいたる。
定期更新している人、マジすげえ。

次のイベント参加予定は10月1日の関西コミティア51です。
新刊は『バルト海のふたつ星』で考えておりますが、つくったプロットを見ると、調べることが多いのと+ページ数も多くてとても間に合いそうになく……。
もっと別の短編ネタをひねり出そうかと悩み中です(赤裸々すぎる報告)。

あと、いるかネットブックスさんから発売中の『明日が雨でもあなたに感謝の花束を贈ろう(呂彪 弥欷助さま著)』の表紙を描かせていただきました。




すんごくステキで、温かくて、ファンタジックで、きゅんとするお話なので、みなさまぜひご覧くださいね!


二枚目もお仕事で描かせていただいた絵です。
二十代のお酒大好きOLさん。
最近のOLさんはいったいどんなかっこうをしているのかしら?
お客様からいただいた参考資料+自分でも調べて描かせていただきました。
きれいなおなごは見るのも描くのも楽しいです。

どちらの絵も、近いうちにサイトコンテンツとしてアップロードする予定です。





ふええええええ、ほんま、新刊どうしよう……。
短編をきれいにすっきりまとめるセンスがほしいわい!


「おや、寝てしまったのか」その6

2017/08/18(金)【米の日】

141-1.jpg

目の光が入るだけで印象が変わりますなあ。

わたしのイメージでは、バルタザールの瞳はグリーンアンバーです。
メレーテの髪はミルクティーで、瞳はダークブルー。






ものすごい悩んだんですけど、チベットの古くから伝わるお守り、わが国のポスト・勾玉ともいえる『ジービーズ(天珠)』を買いました。
ファースト・天珠です。
アンティークやら千年以上前から伝わるガチ天珠なんて買えませんので、お値段はお安い。
(千年以上前から伝わる天珠は何百万、何千万とかするんだって……!? ホンマなん!?)
わたしが買ったのは、『肖像画家のメレーテ』よりは高いが、ドイツ語辞書よりは安い値段。

ふたつセットのものだったので、夫用とわたし用にブレスレットにしました。

アンティーク、古くから伝わるものでもたどっていく先には「はじまり」があったはずなんだ。
だから、今回買ったはじめての天珠が「はじまり」になったっていいはず。

自分の目標をこの天珠に話しかけてみたら、なんだか心が引きしまった感じ!
これからパワーストーンズとともに、彼(彼女?)にも相棒になってもらってガンバリマス。

こういう「すこし・フシギ(SF?)」な話って興味深くておもしろい。
ロマンがあるな〜って思います。


コメントを送る
Page Top

- Topics Board -